名前を呼ぶと人に好かれやすい~婚活の流儀

キミのままでいい

婚活の流儀<あいこ(31歳、講師)の場合>

日曜日の夕方にあいこ(31歳、講師)と会うことになった。

 待ち合わせ場所に向かおうと歩いていると、

 彼女の名前を忘れていることが発覚。

 思い出そうと思っても思い出せない。

 自分にとってはそれぐらいの存在だったのかもしれない。

 

意外と相手の名前を知らずに会話するのは難しい。

どのようにして彼女と会うのか悩んでいると、

自分から名乗ってごまかすことにした。

 

待ち合わせ場所に到着すると彼女はいない。

待ち合わせ時間ちょうどになると

それらしき人を見つけたが声をかけず。

  

相手から連絡を待てば、

名前がわかるかもしれないと思っていた。

しかし、彼女から連絡はこない。

 

しびれをきらして自分から声をかけることに。

 

「かつみです」

 

 自分から名乗れば、相手も名乗るだろうと思った

 

 「あいこです」

 

案の定、向こうも名乗ってくれた。

来る途中いろいろ名前を思い出そうとしたが、全く別の名前だった。

 

相手の名前を間違えるところだった。

人は自分の名前を大切にしていて、

反対に名前を呼ばれるとうれしいものだ。

 

自己啓発本として大ベストセラーとなった

 デール・カーネギーの「人を動かす」には

「人に好かれる六原則」というものがある。

その1つに「名前が言葉で一番心地よく重要」というものがある。

 

1.心から関心を寄せる(Become genuinely interested in other people.)

2.笑顔(Smile.)

3.名前が言葉で一番心地よく重要(Remember that a persons name is, to that person, the sweetest and most important sound in any language.)

4.良い聞き手になる。相手が自分のことを話すように促す(Be a good listener. Encourage others to talk about themselves.)

5.相手の興味があることについて話す(Talk in terms of the other persons interest.)

6.相手が自分のことを重要だと思えるようにする(Make the other person feel important  and do it sincerely.)

 

ちなみに今回彼女が私の名前を呼んだ回数はたった1回だった。

最初から決めていたカフェに入ろうとすると、満席で順番待ち。

 順番待ちリストに名前を書きたくないので違う店に行くことに。

 

 しかし、そのお店も満席だった。

 日曜日の夕方はどこも混んでいる。

 仕方がないので少し歩いて別の店へ。

 

ようやくちょうど2席だけ空いているカフェを見つけた。

お肉料理をメインとしたバルのようなお店。

 

店員さんに席へ案内され、正面同士で座ることに。

改めて彼女の顔を見ると写真と違っていた。

 最近、このパターンが多い。

 

今回は写真の方がよかったパターン。

プロフィール写真は赤ちゃんと一緒に写っていて

ちゃんの顔は★マークで隠されていた。

 

よくプロフィールで子どもと写っている写真を掲載し、

「自分の子供ではありません」とフォローしている女性がいるが、

 誤解を招くなら最初から掲載しない方がいいと思う。

 

そして、彼女の仕事、家族などいろいろ聞き、

会話のやりとりはスムーズだったけどあまり楽しくなかった。

すでに彼女と会うまでもいろいろあった。

待ち合わせ場所を決める時のこと。

あまり興味がなくて、自分がよく出かけるスポットにした。

 

彼女はかたくなに自分の住んでいるところは教えてくれず、

よく遊ぶスポットしかわからなかった。

 

彼女の家からもそれほど遠くないと思われる場所だった。

しかし、提示をしてからすぐに連絡はなかった。

1週間後、このようのなメールが返ってきた。

 

こんにちは。すっかりお返事が遅くなってしまい、申し訳ありません😢💦週末はカフェも混んでいそうですもんね。百貨店にあるカフェでいいです。

 

その後も、待ち合わせについて連絡したが何も連絡がなかった。

待ち合わせ場所に行って、誰もなかったらさびしいので、

アポイントの2日前に連絡をすることに。

意外と返信はその日に返ってきた。

A
「今日は風も強くて寒かったですね><10日は大丈夫そうですか?」
Y
「こんばんは。本当に寒い日が続きますね>_<10日大丈夫ですお会いできるの楽しみにしています!」

 

彼女がないと思ったのがお会計の時。

お会計をする際に財布を見せるそぶりがなかった。

お支払いを済ませた後「いいんですか」と言われたものの感謝の言葉はなかった。

 

いつもはお別れてして、帰宅した後、

御礼のメッセージを送っていたがやめることにした。

すると次の日、婚活サイトを開くと彼女からブロックされていた。

 

彼女も違和感を感じていたのかもしれない。

 

会う前からお互いわかっていたこと。

これからは自分の直感を信じようと思った。

もう違和感がある人と会うのはやめよう。

 

たった3秒で元気になる!「ココロにしみる五行歌」




「頑張ろうとしてもやる気が起きない」「嫌なことがあって、なかなか前に進めない」「なかなか自分に自信が持てない」など、あなたは悩んでいないでしょうか。そんなあなたを「五行歌」で応援します!自分らしく成長するヒントを無料で毎日学べます。興味がある方は今すぐ登録ください。

<感想>
  • 前向きに生きていけるような気がします(^o^)
  • なんか、すごく切なくてでもその気持ちもすっごく分かってかなりジーンときました!
  • どの歌も心に響きます(*^_^*)
  • 勇気が出てくる、素敵な言葉がたくさんありました。ありがとうございました。

【メールセミナーに登録したい方はこちらへどうぞ】

■苗字:

■メールアドレス:


ABOUTこの記事をかいた人

yumekanau2

Instagramで仕事、家族、人生などをテーマとした言葉を綴り、「心に響く」「救われる」と話題に。フォロワー数は39万人を超える。 著書に『20代からの自分を強くする「あかさたなはまやらわ」の法則』(三笠書房)、『そのままでいい』『キミのままでいい』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。